遺言書の種類とは

遺言書の種類とは

遺言書の種類とは 遺言には3種類あります。「自筆証書遺言」とは、相続を受ける人(被相続人)が全文・日付・氏名を自書し、押印したものです。
印鑑は実印でなくても構いませんが、ワープロで作成したものは認められません。
家庭裁判所が偽造防止などのため内容を確認する「検認」と呼ばれる手続きを行います。
「公正証書遺言」とは被相続人が口述し、公証人が筆記するものです。
証人が2人以上必要で、原本は公証役場に保管されます。
「秘密証書遺言」とは、被相続人が署名押印して封印し、それに公証人が日付などを記入したものです。
内容は秘密にして、存在だけを証明してもらう方法です。
これも証人は2人以上必要です。
更に、家庭裁判所の「検認」も必要となります。
ワープロや代筆であっても認められます。
なお、検認とは、内容が有効なものであると認めるものではない点は注意が必要です。
また、証人には「未成年者」「推定相続人や受遺者」「推定相続人・受遺者の配偶者や直系血族」などはなることができません。
どの種類であっても、法定相続よりも優先されることになっています。

校正証明遺言とはなに?

校正証明遺言とはなに? 校正証明遺言とは、法律上の価値の高い書類のひとつとして位置付けられることがあり、遺言書を作るうえで、プロのスタッフとよく相談をすることが大事です。
近頃は、遺言書の作成に関するトラブルの発生件数が全国的に増えていますが、様々なトラブルを回避するために、経験豊かなスタッフから継続的にアドバイスを受けることが有効です。
一般的に、校正証明遺言の作成をする際には、高額な費用が掛かることがありますが、実績のある法律事務所の顧客サービスの良しあしに注目をすることで、何時でも満足のゆく対応を取ることが可能となります。
もしも、遺言書の作成に関するトラブルを抱えている場合には、実績のある法律事務所の最新のサービスの内容を比較することがコツです。
その他、実際に校正証明遺言を作成したことのある人のレビューを参考にすることによって、忙しい生活を送っている人であっても、常に便利な情報を仕入れることができるといわれています。