遺言を残すメリット

遺言を残すメリット

遺言を残すメリット 遺言書を作成する高齢者が近年増えてきており、終活の一環として専門家といっしょに作成を進める家庭も増えてきました。
遺言書を残すメリットですが、死後の自分の財産を先に自分の明確な意思で分割出来る、という点があります。
例えば、書類を特に残さずに天寿を全うした場合、財産は基本的に家族間で遺産分割されます。
そのため、もし個人的に家族以外の恩人などにお礼として遺産の一部を分与したい意思がある方は書面にその意図を正しく明記しなければ、その通りになりません。
また財産の一部を福祉や環境団体に寄付したい、こういった場合にも遺言書への明記が必要となります。
また同じ家族間の遺産分割でも、良い意味で区別を付けたい、そう感じている高齢者も方々もいらっしゃるはずです。
例えば、長男は最期まで自分の介護をしてくれて感謝しているので遺産は多めに与えたい、対して次男は実家を捨てて自由奔放に暮らしているので、最低限の分与に留めたい等、こういった個人的な意思を、遺言書に示す事で死後、自分の財産を思い通りに分与する事が出来ます。
書面を残さずに逝去すると、形式的に全て平等に分割されてしまうため、恩返しを考えている方は作成が必須と言えます。

遺言書でもめないために行うべきこととは

遺言書でもめないために行うべきこととは 相続トラブルを未然に防止来るための効果的な方法として遺言書の作成があります。
遺言書を作成することで被相続人は自分の死後に遺産をどのように分割してもらいたいかを明確に残すことができるからです。
ただし、遺言書を作成したからといって安心はできません。
ときには相続トラブルが発生してしまうケースもあるからです。
特に遺言書が作成されているにも関わらず、相続トラブルが発生してしまう原因として書面の作成に何らかの手落ちがあるために書面の内容が無効になってしまう事例があります。
このような場合、たとえ被相続人が自分の意思を書面に記してあったとしても相続をめぐって争いとなってしまうケースが多く見られます。
そのため、相続でもめないためにも被相続人が自分の意思を書面に記す際には弁護士などの専門家に一度、書面の内容について確認してもらうようにしましょう。
そうすることで相続をめぐって遺族や親族がもめることを事前に防止することができます。